スペイン人に仕事のやり方を教え、根付かせるために -1.今起こっていることを理解

度々、駐在員の人が、「昔の駐在員から習っているはずなのに(今までに来た駐在員は何を教えたのだろう?)」、「なぜ、昔やってたのに、今はやってないだろう(なぜやり方が定着、継続していないのか?)」、と首を傾げる姿を見てきました。と言うのも、同じやり方(帳票や形式)で仕事がされていると思って赴任してきたところ、スペイン人が違うやり方をしていたり、やり方(帳票や形式)を教えようとしてら、「昔はそうやっていた」と言われることがあるからです。

それらの疑問への回答は、簡単に言えば、「スペイン人は、真似するのが下手」だからとなります。もっとストレートに表現すれば、「下手」と言うより、「スペイン人は、真似をしたがらない」からです。このブログを書き始めた最初の『海外進出している日系企業の発想の転換を促すレポート」をもう一度読み返いしてもらえば、理解してもらえると思いますが、スペイン人は、『自分の意見が最高のもの』と思って、自分の仕事に誇りをもってやっています。そして、自分の仕事のやり方については、とても保守的で、変化(改革)を望みません。「望まない」と言うよりは、「考え付かない」のです。と言うのは、欧州での仕事のやり方は、与えられたやり方をしっかりやりこなすことが、仕事をする人の任務で、やり方を変える(改善する)のは、仕事を与える人の責務と考えられているからです。余談になるかも知れませんが、だからこそ、仕事を与えられた人がその与えられた仕事のやり方すら考えて変える、と言う日本発の「自分の携わる仕事に対する自らの改善活動」と言う考え方を、「Kaizen(mejora continua)」と言う言葉と概念で、スペイン(欧州)の企業が導入しようとした(している)と言えます。

従って、仕事をしているスペイン人は、『与えられたやり方をしっかりやりこなしている』ことを見せようとします。そして、『しっかりやりこなしている』のに、なぜ変える必要があるのかと考えます。つまり、スペイン人は、仕事に関しては、どちらかと言うと『任務遂行継続型』で、与えられた任務をやり遂げ継続させることが使命、最高のパフォーマンスと、組織の全てのレベルで考えています。ですから、「上の人からこのように変えろ」と命令されるまで、与えられたものを自らが信じるベストの方法で遂行することが任務と心得ています。従って、他人のやり方を『真似をする』と言う発想は持ち合わせておらず、自分から『真似をしよう』とすることは全くありません。つまり、「真似る」と言うことは、「真似をしなさい」と命令されるまでは、「上の人から与えられた変化でも、自らが信じるベストでもはないからです。ですから、自分から他人を『真似』ようとはしません。

更にまた、スペイン人は、上司(日本人駐在員)の前で、自分の価値を見せようとする癖を強く持っています(傾向があります)。「自分の価値」は、「自分の主張」を認めてもらうことだと理解しているからです。従って、日本人駐在員が帳票を見せて教えよう(やらせよう)とすると、自分の考えを主張しようとします。つまり、帳票をしっかりと理解する努力よりも、帳票と『競争』しようとします。ですから、駐在の方が持ち出した帳票よりも、自分がやっているやり方の方がより良いと主張しようとします。言い換えれば、「真似することをしたがらない」と言うことです。結構、スペイン人は頑固で、自分のやっていることをベストと考えているので、簡単には引き下がりません。それは、スペイン人にとっては、「自分の価値」を上司に認めてもらう機会でもあるからです。実は、この瞬間が、「スペイン人に仕事のやり方を教える」際のとても大事な瞬間で、教え切ると教えられたやり方は、その駐在員の人が居なくなっても、スペイン人の身に付いた仕事のやり方として継続されることになります。

しかし、残念なことに、通常、駐在員の方々にとって教えようとしている帳票は『当たり前』のものなので、その当たり前が分からないスペイン人を論破するほどの説得力のある、「なぜその帳票がより良いのか」の理由を、スペイン語ないしは英語で上手く説明することができません。そのため、最後は、力関係で、駐在員がスペイン人にやらせることになります。その場合、帳票を埋めるようにとしか説明できないので、スペイン人の理解に委ねた帳票の使い方に止まってしまいます。得てして、「自分の価値を」示そうと一生懸命に話をしていればしているほど、そして納得することなく『命令』と捉えれば捉えるほど、スペイン人の耳には駐在員の帳票や形式への説明が入っていないので、『やらされている感』だけで帳票や形式に従うことになります。

更に、問題は、これまた、このブログを始めた最初の『海外進出している日系企業の発想の転換を促すレポート」に詳しく説明していますが、スペイン人は、日本人が日本語使って日本で暮らすために『不可欠な』技術(能力)として身に付けざるを得ない、『違い』を認識する洞察力を持ち備えていません。従って、帳票を見て、マスの長さや形、漢字の能力を十二分に発揮した短い言葉で書かれた表題等のニュアンスを読み取ることは到底できません。従って、駐在員の教えたはずの帳票は、日本で使用されているもの、または、使用され方と、一概に、同一だとは言えないものになってしまう可能性が高いのです。ですから、次に来た駐在員の方が、「昔の駐在員から習っているはずなのに(今までに来た駐在員は何を教えたのだろう?)」と、実際に使われている帳票、使われ方を見て驚かれるのです。

更に、その帳票や形式を、力関係でやらせた駐在員が帰任すると、ほんの些細な躓きや問題(忙しいとか)が発生すると、その帳票は躊躇なく放棄され、埋もれてしまうため、次に来た駐在員の方が、その埋もれた帳票を発見し、「なぜ、昔やってたのに、今はやってないだろう(なぜやり方が定着、継続していないのか?)」と思われることになるのです。

それでは、どのようにすれば、スペイン人に仕事のやり方(帳票や形式)を真似してもらい、そのやり方を身に付けてもらい、継続してもらうようになるのでしょうか?それは、可能なのでしょうか?

「はい、可能です。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.