日本人が犯す小さく、そして、大きなミス(コミュニケーション向上のために) その1

「小さく、そして、大きな」と矛盾したタイトルを付けていますが、日本人にとっては、文字通り『些細な(小さく)』な習性(癖)なのですが、そのために日本人は『致命的な(大きな)』ミスを犯しているのではと考えるので、このタイトルにしました。もしかして、『ミス』と言うと語弊があるかも知れませんが、少なくとも『損』をしていると言えます。何のことを言っているのかと言うと、それは、日本語で身についた習性(癖)を、他の言語を読み書きする時にも、そのまま踏襲していると言うことです。もっと具体的に書くと、日本人は、「言葉を選び過ぎる」と言う弊害のことです。

例えば、日本語の場合、敬語にも、『尊敬語』、『謙譲語』、『丁寧語』とあるように、話し手や聞き手の立場を考慮して、言葉を選び、言い方すら変化させ、伝えたいこと(概念)を、「発している言葉」以上の意味を理解してもらえるように、話そうとします。詳しく説明する必要はないと思いますが、「お食べになる」、「召し上がる」、「食べられる」のように、言葉を選択し、言い方を適切化するのが、社会の常識を持つ人として、要求されるのが日本です。確かに、間違いを犯さずに、敬語をしっかり使いこなせる人は、それ程いないかも知れませんが、それでも、ある程度の使い方は、全ての『常識人』に対して「要求」されています。

また、日本語は、上述したように、「発している言葉以上の意味を理解してもらえる」ように、話をしなければいけない、又は、それができる言語です。従って、ストレートに物事を言いうのではなく、間接的に物事を『描写』し、相手に理解してもらおうとする文化を、日本語が作り出して来たと言えます。例えば、俳句は、その日本語の持つ能力を最大限に使った『芸術』と言えます。「古池や、蛙飛び込む、水の音」、素晴らしいですね。

しかし、実は、日本人は、他の言語、特に、欧州の言葉を話そうとする時に、この「発している言葉以上の意味を理解してもらえる」ようにと言葉選びをする習性(癖)のために、大きな『損』をしていると言えます。少なくとも、他言語の上達や言いたいことを伝える際に、大きく「邪魔をしている」と言えます。唯、不思議なのですが、その事実に日本人は、あまり気付いていないように見受けられます。あまりにも無意識のうちに行っている『癖』なので、『気付かない』のでしょう。また、Language academy でも、その間違いを教えてくれるところは、まずありません。なぜかと言えば、多分、生きた会話が、教えられていないからかも知れません。とにかく、『発している言葉以上の意味を理解してもらえるようにと言葉選びをする習性』は、日本人の犯している『間違い』です。

なぜ『間違い』かと言うと、まず、日本語と欧州の言語、例えば、スペイン語との間には、概念が100%同じと言う言葉があまりないからです。従って、苦労して言葉を選んだとしても、日本語の言葉にある背景は、決してスペイン語の単語では表現できるはずがありません。もっと根本的なことを言えば、ボキャブラリーの少ない日本人が、日本語と全く同じ、ないしは、『似かよった』スペイン語の言葉を探し切れるはずもありません。それでも、『習性(癖)』なので、無意識に、「言葉選び」をしてしまっています。この事実を、素直に、そして、謙虚に受け止めることが、まず、スペイン人や欧州人と理解し合える第一ステップです。特に、長期に一つの国に駐在することなく、複数の国々で通算して海外駐在の長い(ベテランの)人が陥る大きなミスは、英語が上手なため、英語を日本語のように使ってしまうことです。つまり、英語なのに日本語のように言葉選びを行い、自分では完璧に伝え切ったと思い込んでしまうことです。しかし、事実は、言葉を選んだ価値が、全くないこともたくさんあります。(「発している言葉以上の意味を理解してもらえた」と思えても、実際は、全く理解されていない。)特に、言葉選びが、『辞書』に頼ってしまった知識に基づいているものならば、尚更のことです。

ここで、誤解して頂きたくない点は、『言葉を選ぶことが悪い』と言っているわけではないと言うことです。言いたいのは、『言葉を選ぶ』だけでは、決して日本語で表現したかった事、日本語なら言わずに分かってもらえたことが伝わらないと言うことです。勿論、言葉が選べるボキャブラリーがあるならそれに越したことはありません。勿論、ボキャブラリーを駆使することで、より繊細なニュアンスまで伝えることは、当然可能になるからです。しかし、『過信』はするべきではありません。言葉を選ぶことの限界をしっかり認識する必要があります。

『言葉を選ぶことの限界』は、例えば、スペイン語や英語が、言葉を選んで間接的に、発している言葉以上の意味を理解してもらうような使い方はされないために発生する限界です。簡単に言えば、「一を聞いて十を知る」と言う諺は、全くスペイン語や英語を使う文化には存在しないと言うことです。ですから、言葉を選びして、簡潔、そして、正確に相手に分かってもらおうと努力しても、通用しません。スペイン語や英語では、言葉を選ぶよりも、分かってもらえるように話を続けることが大事で、色々な言葉を使って一つのことを言い換えたり、文の構成を変化させ、理解するまで話し続けることが重要です。少しニュアンスの違いはありますが、例えば、日本語は、話の中で「同じ言葉」を何度繰り返しても、別におかしくありません。むしろ、「同じ言葉」を何度も繰り返すことで、言葉のニュアンスや背景を理解してもらうように努めます。しかし、ご存知のように、スペイン語や英語で、「同じ言葉を何度も繰り返す」のは、「エレガントではない話し方」と見做されます。こんなところにも、日本語と、例えば、スペイン語や英語の使い方に違いがあります。この点を理解せずに、スペイン語や英語を駆使して、日本語のように使うのは、明らかに『間違い』と言えるのではないでしょうか? 

(次回に続く)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.